2008/04/21

作品 香(か)


「いかにもしっとりとした匂うような作品です。」


などと、自分で感想を述べることが出来るのは、

「私が作ったものである」という意識がなくなり

作品を客観的に観ることが出来るようになっているからです。


紙と墨、空気、水、はたまた心の潤いなのか、

何が作り出しているのか、向こう側からしっとりと、

何やら不思議な色香が感じられる。

この紙は古い紙だったか、

それも空気に触れながら晒されて

このような錬れた感じになったのか

きっと、そうやって放っておいたものを

一気に仕上げて作ったものに違いない。


ああ、もう一度この紙に出会いたい。